不妊検査を受けている男女

夫婦両方で、悩みを共有できる相談相手やパートナーの理解を望む声が多かった他、妻は職場のサポートを望む割合が最も高く、夫は早期に受診すべきだったと感じている割合が高くなりました。

回答者数妻 257人夫 26人夫婦合計